ご訪問頂き、ありがとうございます
東京都新宿区の小さなヨガ教室のブログサイトです


スマホでご覧の方は、今ご覧のPC表示か、HPがわかりやすいです。
ARCO IRIS YOGA(アルコ・イリス・ヨガ)HPです
ARCO IRIS YOGA(アルコ・イリス・ヨガ)



くわしくは「詳細、こちらです」をクリックして、ご覧くださいませ。


やさしいヨガ
火曜日 3:30pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

水曜日 1:30pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

水曜日 7:15pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

金曜日 7:15pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

リストラティブ・ヨガ
火曜日 8:00pm~@ARCOIRISスタジオ
リストラティブ・ヨガ詳細、こちらです

土曜日 5:00pm~@ARCOIRISスタジオ
リストラティブ・ヨガ詳細、こちらです

マタニティー・ヨガ
土曜日 1:20pm~@ARCOIRISスタジオ
マタニティー・ヨガ詳細、こちらです

産後ヨガ
木曜日 1:20pm~@ARCOIRISスタジオ
産後ヨガ詳細、こちらです

朝ヨガ
木曜日 第2・4週目 10:00am~@ARCOIRISスタジオ
朝ヨガ詳細、こちらです

<予定表>  
火曜水曜木曜金曜土曜
朝 第2・4週目
ARCOIRIS
スタジオ
10:00am~11:20am
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
3:30pm~4:50pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
1:30pm~2:50pm
産後
ARCOIRIS
スタジオ
1:20pm~2:30pm
マタニティー
ARCOIRIS
スタジオ
1:20pm~2:30pm
リストラティブ
ARCOIRIS
スタジオ
8:00pm~9:20pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
7:15pm~8:35pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
7:15pm~8:35pm
リストラティブ
ARCOIRIS
スタジオ
5:00pm~6:20pm


PCの場合は左側「カテゴリ」の各「レッスン」からもご覧いただけます。


ご予約は、申込みフォームからお願い申し上げます。

【高田馬場】やさしいヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】リストラティブ・ヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】マタニティー・ヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】産後ヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】朝ヨガ予約申込み、こちらです


・レッスン内容を確認後、ご予約したい時:「詳細、こちらです」をクリック→「初回のご予約」
・PCの場合は、左側「カテゴリ」の各レッスンの「日程」、
 左側の「リンク」からもご予約いただけます


お問い合わせ
スパムコメントで皆様にご迷惑をおかけしないよう、
2013年より「コメント受付なし」の設定にしております。
よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ、こちらです


駒井哲郎 1920-1976 前期@世田谷美術館
2012 / 06 / 02 ( Sat )
DSC01421.jpg

恥ずかしながら、駒井哲郎という版画家を、今まであまりよく知らなかった。

しかし、彼の作品は自分のような版画にあまり詳しくない人間でさえ、「あっ、これも駒井哲郎さんの作品だったのね」という再発見の連続で、ごく身近に存在していたのであった。教科書や詩集の挿絵、絵画展などで、版画というものを、ぐっと身近に、しかも素敵に私たちの生活に溶け込ませ、馴染ませていた版画家でした。ルドンやクレーを解釈していたとのことで、夢に漂うような、幻想的な作品が好きです

気楽に見ていると、「ふぁ~」っと気持ちよく、時に不気味に、夢に漂っているように感じるのですが、作者の創作の意図や工夫が解説されている展示コーナーがあったのですが、版画を作る課程というのは、技術的にも肉体的にも非常に大変そうなのでした。素晴らしい芸術家であると同時に素晴らしい職人なのだなぁ、と。バランス感覚に長けた方だったのかもしれません。

この展示は、後期に引き続きます。(前期の半券チケットを持っていくと、200円引きになるようですよ)また観にいきます。公園の中を散歩するのも、また楽しいのですよね

DSC01419.jpg

HP抜粋
世田谷美術館では、世田谷ゆかりの作家として、卓抜した銅版画家の実像を、本格的に検証する展覧会を開催いたします。駒井芸術の全貌を、資生堂名誉会長の福原義春氏が蒐集した約500点という大コレクションでご紹介。

駒井は、銅版画という目に見える「かたち」を通して、目に見えない「こころ」のうちを表現した画家でした。夢と現実の織り成すその表現は、見るものを空想の世界へと誘ってやみません。しかし、駒井が銅版画に描きだしたイメージは、決して非現実的なものだったわけではありません。それは、人生への懐疑や日常の憂鬱感、ひそやかな期待や心の高揚感といった、きわめて切実で真摯な、内なるこころから生まれました。目を閉じた時に瞼の裏に微かに浮かぶ光の造形や、日常の中で目にした現実としての幻影。駒井はそういった心の眼で見た現象や現実を、鋭い感性と熟達した技術によって銅版画へと移し変えることに成功した、稀に見る才能豊かな芸術家でした。

DSC01418.jpg
世田谷美術館
東京都世田谷区砧公園1-2
電話 03-3415-6011
開館時間:午前10時~午後6時(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の時はその翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
世田谷美術館、詳細こちら

07 : 08 : 50 | 美術館・ギャラリー・博物館 | コメント(0) | page top
<<安産、お祈りしております | ホーム | 東洋絵画の精華@静嘉堂文庫美術館>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |