ご訪問頂き、ありがとうございます
東京都新宿区の小さなヨガ教室のブログサイトです


スマホでご覧の方は、今ご覧のPC表示か、HPがわかりやすいです。
ARCO IRIS YOGA(アルコ・イリス・ヨガ)HPです
ARCO IRIS YOGA(アルコ・イリス・ヨガ)



くわしくは「詳細、こちらです」をクリックして、ご覧くださいませ。


やさしいヨガ
火曜日 3:30pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

水曜日 1:30pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

水曜日 7:15pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

金曜日 7:15pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

リストラティブ・ヨガ
火曜日 8:00pm~@ARCOIRISスタジオ
リストラティブ・ヨガ詳細、こちらです

土曜日 5:00pm~@ARCOIRISスタジオ
リストラティブ・ヨガ詳細、こちらです

マタニティー・ヨガ
土曜日 1:20pm~@ARCOIRISスタジオ
マタニティー・ヨガ詳細、こちらです

産後ヨガ
木曜日 1:20pm~@ARCOIRISスタジオ
産後ヨガ詳細、こちらです

朝ヨガ
木曜日 第2・4週目 10:00am~@ARCOIRISスタジオ
朝ヨガ詳細、こちらです

<予定表>  
火曜水曜木曜金曜土曜
朝 第2・4週目
ARCOIRIS
スタジオ
10:00am~11:20am
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
3:30pm~4:50pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
1:30pm~2:50pm
産後
ARCOIRIS
スタジオ
1:20pm~2:30pm
マタニティー
ARCOIRIS
スタジオ
1:20pm~2:30pm
リストラティブ
ARCOIRIS
スタジオ
8:00pm~9:20pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
7:15pm~8:35pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
7:15pm~8:35pm
リストラティブ
ARCOIRIS
スタジオ
5:00pm~6:20pm


PCの場合は左側「カテゴリ」の各「レッスン」からもご覧いただけます。


ご予約は、申込みフォームからお願い申し上げます。

【高田馬場】やさしいヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】リストラティブ・ヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】マタニティー・ヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】産後ヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】朝ヨガ予約申込み、こちらです


・レッスン内容を確認後、ご予約したい時:「詳細、こちらです」をクリック→「初回のご予約」
・PCの場合は、左側「カテゴリ」の各レッスンの「日程」、
 左側の「リンク」からもご予約いただけます


お問い合わせ
スパムコメントで皆様にご迷惑をおかけしないよう、
2013年より「コメント受付なし」の設定にしております。
よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ、こちらです


ルーヴル美術館展@東京都美術館
2013 / 09 / 17 ( Tue )
DSC02810.jpg

「地中海 四千年のものがたり」というサブタイトルがついているように、
非常に壮大な展覧会です。

ルーヴル美術館は、皆様もご存知のように、とても多くの作品を所有している美術館です。
展示されている作品以外、奥の倉庫や修復室などに、展示されている十倍もの作品があるという。
(380,000点以上の収蔵作品があり、そのうちおよそ35,000点が8部門に分かれて展示されている。)

学生時代、パリのルーヴル美術館に行ったとき、「見たい作品は先に見ておくこと!」というアドバイスに従い、代表作以外は、かけ足ぎみで(館内を走ったわけではありませんよ)見ましたが、見ても見ても見きれなくて・・・。作品の種類も多種多様、絵、彫刻、陶器、鉄や銀や金やガラス、民芸品、布、家具などなど。作品を見ているというよりも、歴史に触れているような、さまざまな時代を旅をしているような感覚になりました。

圧倒的な質・量の作品を前にして、感動しつつ、「館内を見て歩くのは、肉体的にも精神的にも疲れるものだな」と当時若かったのに、お疲れ気味な感想を持ったのですが、今回、その気持ちを「ふっ」と思い出しました。上野では、そんなに多種多様な作品が大量に並んでいたわけではなのですが、作品を見るという行為も、自分の中にパワーが必要そうですね。

展示されていた時代ごとの世界地図。
世界地図というものは、国の力によって刻々と変化し、時に統合し、時に消滅していくものです。ちょっぴり学生時代の世界史の授業の復習をしているような・・・。国としては消滅しても、作品として文化として残るもの、そして後の人々に影響を与え続けているもの。

私たちが生きているこの時代の、どんな作品が、どんな文化が、後の時代に残っていくのでしょうか。
それは、けっして人を不幸にするものではなく、幸福にしてくれるものが残ってくれるといいなと願っています。



10 : 10 : 55 | 美術館・ギャラリー・博物館 | page top
| ホーム |